作品紹介

10年くらい前に描いた漫画が今と変わってなかった件【妄想ストロベリィ】

何度か話題にしていますが、私は元々ストーリー少女漫画でデビューしました。
20数作目くらいで数えるのをやめたのですが、多くても30作くらいの読切を描いたと思います。
そのうち運良く数作ほどは、単行本に収録されたり単話で電子配信して頂いてます。
そんな運が良かった作品のひとつ、

妄想ストロベリィ

(なんかこう、タイトルも恥ずかしいな…)の一場面です。どうぞ。

※ストーリー少女漫画時代の漫画です

10年以上前と描いてるもの何一つ変わってねええええええええ!!!!

まあこれは妄想好きな主人公が考えてる漫画、いわゆる作中作の一場面なので、このキャラ達がガチで30数ページに渡って少女漫画してるという訳では全くありません。
しかし確実にこの辺のノリが今のギャグの原点になってるなーと改めて思います。
私は基本的にこういうのが好きなんだろうな多分…。
すっごい古いしコマ配信のみではありますが、その辺の片鱗にご興味ありましたらどうぞよろしくお願いします!

妄想ストロベリィ (小学館eブックスに飛びます)